就職活動中

フリーターの就職先、仕事選び


フリーターから正社員就職する時の仕事選びは慎重に!

フリーターから正社員就職を目指す際、気をつけたいのが就職先、仕事選びです。

就職活動、苦労されるフリーターの方も多いと思います。

書類選考で落ち続けて・・・気合いを入れて臨んだ面接、ついに内定獲得!
嬉しくて飛びつくように入社を決める。

でも・・・働き始めて「思った仕事と違った」「毎日残業、終電近くまでキツイ」「もっとよく考えて入社を決めれば良かった」といったケースもあります。

中には入社して早々に、もう辞めたい・・・退職したいという人も。

フリーターから就職して、早期退職。
そういったケースも実際ありますからね。

原因は、情報収集不足です。

フリーターの方の中には就職して正社員として働いた経験をお持ちの方もいるとは思いますが、大部分の方は社会人経験無しではないでしょうか。

その場合、就職してからの正社員としての働き方のよく分かっていないために、就職先、仕事選びに失敗してしまう可能性が高くなってしまうようです。

フリーターの就職先選び、失敗できない理由

フリーターの就職先選び、大変と思います。
書類選考で落ち続ける方もいるでしょうし、どうしても面接が苦手で受からない、と悩む人も多いです。

しかし、だからこそ出た内定に飛びついてしまう事も多いのではと思います。

内定獲得した先の企業がどんな会社か、万が一ブラック企業の可能性はないか、といった事前に情報収集はしっかりと行う必要があります。

フリーターの就職先選び、失敗できない理由があるためです。

その一番の理由は、

就職に失敗した!といってもすぐに退職、転職は難しいため

です。

就職してすぐに退職した場合、次に転職先を探すとしても非常に印象が悪いです。
1ヶ月、2ヶ月といったすぐの退職ではなくても、1年以内の退職は大きくマイナス評価となると考えて良いです。

人事担当者に「すぐに辞める人」という印象を持たれるのは避けられません。

よほどのブラック企業に就職してしまった場合には、話は別かもしれませんが、仕事が合わなかったといったような退職理由では、次の転職先を見つけるのは難しいでしょう。

「じゃあ、就職を無かったことにして職歴に書かなければ良いや」

と思ったら危険です。
就職して働いた経験があるのに書かなかった場合、経歴詐称となってしまいます。

次の転職先が決まって働き始め、その後で経歴詐称がバレてしまった場合には、何らかの処分を受ける可能性があります。

フリーターから正社員になるための就職活動、就職先が決まるのは嬉しいですが慎重に決める事が大切ですね。

そのためには、しっかりとした情報収集を行う事が必要です。

イメージで就職先を決めない事が大切

基本的に、求人情報として掲載されている企業の情報は、

良い部分を見せている

と考えて良いです。

中途採用を行っている企業としても、少しでも多く良さそうな人材に求人に応募して欲しいですからね。

社員が仲良く映っている雰囲気の良さそうな職場、将来性のある魅力的な言葉。
待遇の良さ。

そうした事を求人に書いて、求職者の目に留まるように必死です。

求人内容が魅力的に見えるようにとコンサルもありますからね。

良い部分を見せている求人情報だけでイメージを作ってしまうのは、危険と言えます。
(もちろん、本当に社員を大切にして職場の雰囲気が良い会社も多いですよ)

企業の詳しい情報を得る方法として、就職支援サイトが便利

就職アドバイザー
とはいっても、企業の情報ってよほどの大企業であったり、消費者向け商材を売っている企業、実店舗がある企業などでなければ、思ったように情報収集をするのは難しいですよね。

ネットで集める口コミ・評判にも限界があります。

また、ネットに以前勤めていた会社の口コミなどを投稿する人もいますが、基本的にはネガティブな書き込みが多いです。

普通にやり甲斐をもって働く人も多いわけですから、あまりネットの口コミなどは参考にしてはいけないですね。

企業研究を行うには個人、特にフリーターの就職活動では限界があります。

新卒の人はOB・OG訪問とかやっていますよね。
フリーターは中途採用ですし、大学中退の方もいるでしょう。
そうした就職活動、訪問はしない人が大半です。

フリーターからの正社員就職では、企業の詳しい情報を得る方法としてオススメなのが、「フリーター向け就職支援サイト」を活用する方法です。

こうした就職支援サイトの担当コンサルタントや就職アドバイザーは、企業に直接足を運んで情報収集を行っています

そのため、

・企業の職場の雰囲気
・実際に入社したらどんな仕事をするのか
・上司の人柄
・社長の考え方、会社の方針
・入社後のキャリアの積み方

など就職アドバイザーによってはとても詳しく企業の情報を把握しています。

求職者と企業のミスマッチを減らし、就職後にしっかりと長く働けるようにサポートをするのがアドバイザーやコンサルタントの仕事ですから、職場の情報を把握する事に力をとても入れています。

フリーターから正社員になるための就職活動、職場見学を毎回するわけにもいきませんしね。

自力で企業研究をしても、ここまで詳しい企業の情報はなかなか手に入りません。

フリーターこそ、最初の就職先、仕事選びには失敗できないと言えます。

就職先選びで失敗して早期退職・・・といった事は絶対に避けたいですね。

そのためにも、フリーターや既卒、第二新卒といった方の就職サポートを専門に行っている就職支援サイトの活用がオススメです。

⇒ フリーター就職支援 オススメはここ!

の記事中で、フリーター脱出を強力にサポートしてくれるフリーター向け就職支援サイトをご紹介しています。

いずれも就職成功率が高く、様々な業界・職種の未経験OKの正社員求人を紹介してもらう事が出来ます。

失敗できないフリーターの就職先選び。

こうした企業の詳しい情報を持つ就職支援サイトを活用して、後悔の無い就職先選びを行ってみてはと思います。




キーワード