内定獲得
20代 フリーターから正社員に就職! > フリーター就職活動 > 中途採用されるフリーター受かるための条件とは

中途採用されるフリーター


中途採用されるフリーター受かるための条件とは

フリーターから正社員就職を目指す場合、中途採用を目指しての就職活動となります。

「そろそろ正社員になろう」

と思って就職活動を始めてみたものの、なかなか結果(内定獲得)が出なくて・・・と悩んでいるフリーターの人も多いのではないでしょうか。

ちょうどこれから就職活動をスタートするところ、というフリーターの人も多いかもしれません。

出来れば、早く中途採用されて正社員として働く先を決めたい

ですよね。

そのためには、就職活動の準備が大切です。

ここでは、就職活動を成功させるために「中途採用されやすいフリーターの共通点」について抑えていきたいと思います。

内定獲得が出来る人材には、やはり共通点があると言えます。

書類選考で落ちてしまう、面接がどうしても上手くいかず失敗してしまう・・・といったように、就活が上手くいっていないフリーターの人は、ご自身の就活の仕方を見直されてみるのも良いかと思います。

フリーターから正社員を目指しての就職活動、中途採用される人の共通点としては次のようなものが挙げられます。

フリーターでも中途採用される人の共通点

フリーターから正社員就職に成功する人は、以下のようなポイントを抑えて中途採用される事に成功しているケースが多いです。

自己分析、企業研究がしっかり出来ている

就職活動で重要なのは情報収集です。

自己分析をしっかり行ってから、自分に向いている仕事、適性のある仕事に応募した方が自信を持って面接に臨みやすいですよね。

未経験OKの正社員求人に手当たり次第に応募、内定が出たので「やっと正社員になれた!」と喜んで入社してみたら、全然自分に合わない仕事ですぐに辞めたいと考えるようになってしまった・・・では困ります。

自己分析がしっかり出来ていれば、そうしたミスマッチは起こらないでしょう。

応募する求人先の企業がどんな事業を行っていて、社員を大切にする会社かどうか、ブラック企業かホワイト企業か、なども事前に情報収集をしっかり行う事で見えてくる事も多いです。

情報収集は自分の事、企業の事、様々な事を含めてとても重要な就職活動の内容の一つとなります。

経験不問、未経験歓迎の求人を狙って応募している

未経験OKの正社員求人
フリーターの方の多くは、職歴無し、社会人未経験と思います。
狙うのは「経験不問、未経験歓迎」の正社員求人です。

経験者と競うような求人へ応募しても、書類選考が通る可能性は低いでしょう。

それよりも、選考通過率が高いと考えられる未経験者歓迎の正社員求人を探していく方が、現実的ですね。

いくらやりたい仕事があったとしても、経験者優遇、といった事が明記されている場合には避けた方が良いでしょう。

経験が無くても、やる気、人物重視で採用選考を行ってくれる企業を見つけたら、仕事内容は企業について調べてみて、応募を検討してみてはいかがでしょうか。

アルバイト経験を活かせる仕事に応募している

採用する企業側としても、アルバイト経験であっても関連した経験があれば、評価してくれる場合は多いです。

アルバイトは基本的には職歴として扱われませんが、関連したアルバイト経験は応募先の企業によってはプラスに評価してくれますから、積極的にアピールしたいですね。

職務経歴書にもしっかりと書いた方が良いでしょう。

履歴書、職務経歴書をしっかり作成している

内定獲得、中途採用されている人に共通するのは、やはり履歴書や職務経歴書をしっかり書いてあるということです。

フリーターであってもこれまでのアルバイト経験をしっかり記入し、その仕事ごとに身に付いたスキルやアピールポイントなどを書いてある事も多いです。

空白は多い事は単純に、やる気が無い印象を採用担当者に与えてしまいますからね。

フリーターの自分は職歴が無いし・・・と考えず、しっかりとアピールできる内容で書きたいところです。

採用担当者は内容はもちろんのこと、書類作成スキルや、熱意をもって履歴書や職務経歴書を作っているかどうかも見ています。
本気の会社に対して、空白が多いという事はあり得ません。

見た瞬間、空白の方が多い場合には不採用、という採用担当者もいます。

もし逆の立場であれば、応募が多数の場合には特に、応募書類を見て一瞬で差が付くのは仕方が無いと思いませんか?

履歴書や職務経歴書が書けない・・・苦手、というフリーターの人も多いとは思います。
どうしても自分で上手く書けない場合には、

⇒ フリーター就職サイト おすすめランキング

でご紹介していますが、フリーター向け就職支援サービスを提供している、こうした就職サイトを利用してアドバイスを受ける方法がオススメです。

面接でしっかり受け答え出来ている

面接
内定獲得のためには、面接を突破する事が必要不可欠です。

応募書類がしっかり書けているのに、面接で落ちるというフリーターの方は、しっかりと面接対策を見直したいですね。

明るく、礼儀正しく、ハキハキしている求職者は、職種に限らず好印象です。

採用した後、職場の雰囲気に馴染めるかどうか、社風に合うかどうかと言った事も考えながら面接をしています。

また質問に対してぶれない受け答えをしっかり話せているかどうかも重要なポイントですね。

明るく、大きめの声で、少しゆっくりめを意識して話す事を心がけると良いでしょう。

中小企業の求人に応募している

未経験から入りやすい業界・職種の求人は中小企業にも多く見られます。
福利厚生の手厚さ、給与・年収の高さから大企業が良いな、と思うフリーターの人も多いと思います。

しかし、大企業は新卒採用やキャリア転職には積極的ですがフリーターを中途採用することはほとんどありませんね。

新卒採用やキャリア転職で応募が集まる事が多いですし、あえてフリーターを採用するメリットが企業には無いためです。

それに対して、フリーターなど若手の中途採用に積極的なのは中小企業、零細企業です。
求人を出しても応募者が思うように集まらずに困っている中小企業は多くあります。

中には30代前半でも若手と見てくれる業界・職種もあります。

人手不足の企業の方が採用されるチャンスが多いですから、職歴無し・社会人未経験といった方も多いフリーターの就職先としては、中小企業をメインとして探す事が重要となります。

フリーターから中途採用される人の多くは、しっかりと採用される可能性が高い中小企業の求人を狙って探している場合が多いです。

未経験からでも入りやすい業界・職種を狙っている

未経験から入りやすい業界を狙う
学歴不問、未経験から入りやすい業界を狙う事も重要です。

・介護、福祉業
・運送業
・製造業
・建設業
・飲食業

などは人材不足の企業が多いので、未経験歓迎で求人を出している事も多いです。

また特殊なスキルが必要とされる事も少ないので、未経験でも採用しやすいということもあるでしょう。

ただし、労働条件が厳しい会社も多くなってきますので、求人へ応募する前の情報収集、応募から内定までのやり取りには注意を払う必要があると言えます。

20代 フリーター就職に強い就職支援サイトを活用する事が重要!

ここまで、「中途採用されるフリーター受かるための条件について」色々と見てきました。

正社員就職を目指しての就職活動の中で、出来るだけ条件を満たせるように準備されると良いと思います。

一年を通して正社員求人が増える時期は1月~3月、9月~10月頃ですがこの時期に就活をスタートされる人も多いでしょう。

良い時期に就職活動をスタートしても、就職先が決まる方、決まらない方と別れてきます。

フリーターの人の就職活動ですが、特に自力での就職活動の場合にはスムーズに進み内定を貰えて入社まで、1ヶ月~2ヶ月程度はかかります。

2,3社を並行して求人へ応募される方も多いと思います。

しかし、それであっても採用・不採用を待って次の求人を探すことになるでしょうから、不採用が続くとさらに就活期間が長くなることになります。

就職活動が1年以上といった長い期間になってしまっているフリーターの人もいます。
さすがにこうした長期間の就活は、辛くなる方が多いのではないでしょうか。

出来れば早い時期に、自分に合った仕事、会社を見つけて入社を決めたい。

そのためにオススメするのが、フリーター向け就職支援サイトの活用です。

今は多数のフリーター向け就職支援サイトがあります。

それだけ、若手、特に20代のフリーター、既卒、第二新卒といった層に対しても、採用ニーズが高いという証拠と言えますね。

自力での就職活動は、長期化する方が多いです。

であれば、最初からこうしたフリーター向け就職支援サイトを活用して、効率良く情報収集、求人紹介を得る就職活動の仕方も良いのではないでしょうか。

フリーターから正社員就職を目指しての就職活動のやり方には、色々とありますが就職成功率ということで考えると、こうしたフリーター向け就職支援サイトの活用がオススメです。

⇒ フリーター就職サイト おすすめランキング

で当サイト経由で利用されている方が多いフリーター就職サイトをご紹介しています。

ぜひ、活用されてみてはと思います。




キーワード