就活成功へのポイント
20代 フリーターから正社員に就職! > フリーター脱出 > 20代 無職・フリーターから早く就職したい

早く就職したい


20代 無職・フリーターから早く就職したい

早く就職したい、自力での就職活動は時間がかかりそうで・・・他に良い就職活動の方法には何があるのだろう?

と情報収集をされている方も多いと思います。

実際、売り手市場と言われる現状ではありますけれど、無職、ニート、フリーターからの就職活動の場合には、そこまで売り手市場では無いという話をよく聞きますね。

大学新卒の方の多くが内定を複数持ち、どこを辞退するかで悩む方も多いようですが・・・ニートやフリーターの方の就活では、内定がなかなか貰えないと悩む方も多いのです。

無職やフリーターを早く脱出して正社員として仕事に就きたい。
しっかり安定収入を得るために、就職活動に取り組みたい。

29歳、年齢の事を考えて30歳になる前に就職先を決めたい、という方。
経済的な事情から大学中退、出来るだけ早く就職してお金を稼ぐ必要がある。
無職の自分が嫌だ、早く就職したい。

10人いれば10通りの就職したい理由、正社員就職しなければならない理由などがあるのでは、と思います。

ただ、「早く就職したい」とはいっても「どんな会社、どんな仕事でも良い」という方はいないと思います。

やっぱり出来るだけ、「やりたい仕事」「興味のある仕事」に就きたいとお考えになっているのではないでしょうか。

就職活動で失敗しないためには、情報収集がとても重要となります。

20代、無職・ニート・フリーターから正社員就職を目指す際、就職成功率の高さや就活期間で考えると、20代向け就職支援サイトの活用が最もオススメです。

短期間で就職成功者多数!20代向け就職支援サイト

就職エージェント
出来るだけ早く正社員就職に成功したいのであれば、20代の既卒・フリーター・ニートといった方に特化して就職支援を行っている就職支援サイトを活用される事をオススメいたします。

自力での就職活動をした場合、通常かかる期間としては「1ヶ月~2ヶ月」程度と言われていますが、ニートやフリーターからの正社員就職を目指す場合、さらに長い期間かかる方が多いです。

半年。

長い方だと1年以上、就職活動に取り組んでみたものの・・・就職先が決まらず、自力での就職活動に挫折する方もいます。

20代は就職するチャンス(求人)が多いと言われますが、それも利用する求人情報源によります。

学歴不問、未経験OK、人物重視での採用選考を行ってくれる企業からの求人情報を中心に得る事が重要となります。

そうした条件を満たす求人情報源としても、20代の既卒・フリーター・ニートといった方に特化している就職支援サイトはオススメです。

⇒ フリーター就職サイト おすすめランキング

で詳しくご紹介をしていますが、「出来るだけ早く就職したい」場合には、

書類選考なしで面接が受けられる就職支援サイト

の活用を検討してみてください。

・DYM就職
・就職shop

などがそうした就職支援サイトにあたります。

書類で落ちる心配が無いですし、面接対策に時間を使う事が出来ます。

就職支援サイトを利用する場合、専任のアドバイザーが付いてサポートしてくれます。

求人先の企業についての詳しい情報もアドバイザーから教えてもらいながら、面接対策をしていく事が出来ます。

模擬面接などは、やはり効果的ですね。

既卒、ニートやフリーターが面接で必ずされる質問を軸に面接対策をしていく事は、本当の面接の時にとても役立ちます。

近年では、ニートやフリーター、無職期間の長い若者の就職を支援する機関は増えています。

今、20代であれば未経験から正社員就職するチャンスは断然、30代、40代よりも多いといえます。

正社員として働きたい

という気持ちを大切に、早い時期に自分に合った就職先が決まるように、こうした就職支援サイトを活用されてみてはと思います。

⇒ フリーター就職サイト おすすめランキング

フリーターやニートから就職に成功する人の共通点

フリーターやニート、既卒といった状況から就職に成功する人の共通点を抑える事で、回り道をすること無く、就職活動を進めていきましょう。

色々な人事担当者、人材紹介会社の方に話を聞いてみると、「中途採用される人材」には共通点が見えてきます。

・自己分析がしっかり出来ている

・素直さがある(アドバイスを聞いてくれ実行してくれる)

・今の自分を受け入れて、将来の自分をしっかり考えている

・向上心がある

・身だしなみに気を遣い、マナーがある

・ちゃんと行動している(就職活動をしている)

といった事があります。

特に人材紹介会社のアドバイザーの方が言われるのは「素直さ」です。

いくら今までの事例を元にアドバイスをしても、聞いてくれない、実行してくれない人は、就職先が決まらないケースが多いそうです。

サポートを受けるために就職支援サイトを利用しているはずなのに、アドバイスを受け入れないのであれば、自力で就職活動をした方が良いと思いませんか?

でも、実際にそうした方はいるのだそうです・・・。

フリーターやニート、既卒といった状況から早く正社員就職したい場合には、経験豊富なアドバイザーやキャリアコーディネーターからのアドバイスもしっかり受け止めて、行動に移されると良い結果を得られる事が多いと言えますね。

オススメの就職支援サイトを、

⇒ フリーター就職サイト おすすめランキング

でご紹介をしています。

合わせてご覧になってみていただければ、と思います。




キーワード