内定獲得

大学中退者の就職活動


大学中退者の就職活動

大学中退後、正社員就職について

大学を中退する事が決まったら、この後どうしようか・・・と進路を考える事になりますが、多くの大学中退者の方は、

・正社員就職を目指す
・フリーターになる
・ニートになる

のいずれかを考えるのでは、と思います。

大学在学時からアルバイトをしていた方の場合には、そのバイト先で正社員登用制度があれば、正社員を目指す就活もありかもしれません。

ただバイトはバイト、正社員として働くなら違う仕事が良い。
という方も多いでしょう。

ひとり暮らしの方の場合、無職でいる期間を作れない方も多いと思いますからフリーターとしてアルバイトをしながら就職活動、という方も多いと思います。

現実的に考えると、大学中退後はすぐに正社員を目指して就職活動をする事が大切です。

大学中退後、すぐ就活した方が正社員就職しやすい理由

大学中退後、就職活動をする場合には無職期間やフリーター期間をあまり長く空けない方が有利に就職活動を進める事が出来ます。

大学中退者は以下の点で、就活が不利になると言う事は前提として抑えておきたいです。

・新卒扱いでは無く、中途採用を目指す事になる
・高卒以上の求人を探す必要がある
・中退理由によっては、かなり採用選考が不利になる

ニート生活やフリーター生活は自由に時間が使いやすく、特にフリーターの場合にはアルバイトもある程度忙しくそれなりに充実した日々を過ごせてしまったりもすると思います。

思いのほか、フリーター生活が長くなって・・・といった方も中にはいるんですね。
就職活動で苦労し始めてから、フリーター生活が長くなったことを後悔される方もいます。

大学中退後、半年以内であれば正社員就職しやすいと言われています。
面接対策
ニート生活、フリーター生活も半年、1年以上ともなれば「その期間、どうしていたのですか?」という質問をされて突っ込まれる面接が増えてきます。

その前に、

なぜ、大学中退したのですか?

という質問に上手く返すことが出来なくて悔しい思いをされる方も多いようです。

こうした面接の質問に対してはへんに作った答えを返すのでは無く、素直に答えた方が良い場合も多いのですが、その後に志望動機に繋げたりと面接官を納得させられる受け答えをする事が重要となります。

実際、就職のことを意識せずに「何もしていなかった」方も多いと思います。

もし逆の立場であれば、ニートやフリーター生活が長い人よりも、大学中退や卒業してからすぐの求職者の方が「やる気がある」ように感じられるもの。

そういった意味でも、大学中退後にすぐ就職活動をした方が「仕事に就きたい」という熱意も感じますし、実際、面接対策もしやすいですし志望動機なども作りやすいと思います。

それ以前に、正社員就職を考えた場合少しでも若い方が有利です。

大学中退後、2年、3年とフリーター生活を送る方も少なく無いと思います。

このままズルズルと無職期間やフリーター期間が長くなればなるほど、正社員就職するのが難しくなる、という事を理解して思い切って就職活動をする事も重要といえるでしょう。

特に30歳を越えると、本当に未経験OKの正社員求人が減ってしまいます。

大学中退から正社員になるには

不安
大学中退後の就職活動に不安を持っている方も多いと思います。

日本では今、新卒採用が圧倒的に有利です。
大企業への応募もしやすいですよね。

大学中退者の場合、最終学歴は「高卒」です。
そして、中途採用を目指す事になるのですが、応募出来る求人が少なくなります。

就職活動をしようと思って一度、求人サイトを見てみたけれど・・・意外と自分が応募出来る求人が少なくてびっくりした

という経験をお持ちの大学中退者の方もいらっしゃるかもしれません。

多くの大学中退者の方が就活を難しいと感じるポイントは、「高卒」扱いとなるためではと思います。

学歴上、応募出来る求人が限られてしまうために就職活動が難しく感じられてしまいます。

「高卒」ということで職種に関しても制限が出てきてしまいます。

興味のある仕事があるけれど、応募条件に該当しない。
そういった求人が多くなるのが大学中退者の就職活動の特徴とも言って良いかもしれません。

大学中退者 正社員就職に成功するポイント

大学中退という事実は変えられません

そうした状況を受け入れて、正社員就職を目指して就職活動をしていく事が必要となります。

大学中退者の方は新卒と比べて就職活動に不利になる場面が多いです。

就職活動の方法としていくつかありますが、その中でオススメをするのが大学中退者やフリーターの就職支援を行う就職エージェントの利用です。

就職エージェントを利用するメリットは、

・大学中退者OK(高卒以上)、未経験者歓迎の正社員求人を多く扱っている
・アドバイザーに就職相談が出来る
・正社員求人の紹介が受けられる
・応募企業に合わせた面接対策
・面接の日程調整
・勤務条件の調整
・入社日調整
・もし不採用だった場合、不採用理由のフィードバック

などがあります。

就職活動に関する事の多くを代わりに行ってくれる事も、利用のメリットと言って良いですね。

特に重要なのは面接対策です

空白期間、フリーター期間が長い方の場合、面接対策を完璧と言えるほどに準備した方が良いです。

様々な質問を想定して、ネガティブな印象をひっくり返す事が重要です。

面接官がどういった意図を持って、どんな質問をするかも就職支援サービスを利用した場合、就職アドバイザーからアドバイスをもらいながら面接対策をしていく事が出来ます。

一人での就職活動と比べて、こうしたアドバイスをもらえる点は非常に有利ですね。

大学中退 無資格でも就職はできます

大学中退して後、正社員を目指す方で何らかの資格をお持ちの方もいると思います。

しかし多くの方は無資格ではないでしょうか。
そのため、就職になにかプラスになるもの、採用選考で評価される資格を持っていた方が良いのでは、と迷われている方もいるでしょう。

資格は確かに目指す職種によっては必要ですし、評価される場合も多いです。
ただ資格取得が必須という仕事は国家資格取得が条件の仕事の他には少なく、無資格、未経験であっても就職する事は十分可能です。

例えばIT業界のエンジニア求人も未経験OKの正社員求人は多いですし、介護、飲食・フード、旅行関連の仕事、エステなども未経験から就職を目指しやすい業界といえるでしょう。

手に職をつけるといった意味で、プログラマーやエンジニア求人に興味のある方も多いのではないでしょうか。

スキルを身に付けてフリーランスで活躍される方もいますよね。
これからITエンジニアはさらに人手不足が進み、年収も高騰していくのではと考えられます。

IT業界といっても様々な仕事があります。
少しの興味から掘り下げてみて、仕事を探してみることもオススメです。

これから就職のために資格取得を目指した方が良いのかな・・・という方も多いと思いますが、資格取得までにかかる時間・費用を考えると取得する事で確実に有利になる、もしくは必須の資格で無い限りは正社員就職を目指して就活をする方が良い場合は多いと言えます。

20代はポテンシャル採用。大学中退でも正社員就職は出来ます

フリーター就職先
20代はポテンシャル採用、人物重視で採用される年代です。

今は人材不足で特に若手、20代であれば大学中退者の方、フリーター、既卒、ニートの方も積極的に採用選考を行う企業も増えています。

正社員就職しやすい状況にあるといって良いでしょう。

正社員として仕事に就くのであればチャンスが多いと言えます。

大学中退者の方向け就職サイトについては、

⇒ 大学中退フリーター 就職支援サイト

で詳しくご紹介をしています。

こうした大学中退、フリーター、既卒者の就職支援に強い就職支援サイトを利用して、少しでも有利に就職活動をされてみてはいかがでしょうか。

自力での就職活動よりも短期間で、正社員就職出来る方が多い事にも注目してみてください。




キーワード