大学中退後、就職への不安
20代 フリーターから正社員に就職! > 大学中退からの就職 > 大学中退 空白期間が長くなってしまった後の就職活動

大学中退 空白期間が長くなってしまった後の就職活動


大学中退 空白期間あり就職活動

大学中退 空白期間が長くなってしまった後の就職活動

大学中退後、正社員として仕事に就くという事を考えた場合には、すぐに就職活動をする事がオススメですが、実際には少し休んだり、アルバイトをして生活をする方も多いと思います。

フリーター期間など、経歴に空白期間が長くなってしまった場合の就職活動、どのように進めていくと書類選考や面接を上手くパスしていけるでしょうか。

大学中退をしてからブランク期間を経て今、就職活動をしている方。
そろそろ正社員にならないと・・・と思い、これから就職活動を始めようと思っている方。

大学中退後に空白期間があり、空白期間が長くなってしまった方の就職活動で困る事について対策を掲載しています。

空白期間、履歴書にどう書く?

履歴書の作成
正社員就職を目指しての就職活動ですが、まず求人を見つける必要がありますね。

大学中退後の就活では、職歴なし・未経験という方が多いと思いますから、

未経験OKの正社員求人

として求人を掲載している企業を中心に探し、応募をしていく事になります。

興味のある求人、やりたい仕事が見つかったら、次は応募書類の準備となりますが・・・ここで

履歴書にどう空白期間について書くか

で悩む方も多いのではないでしょうか。

大学中退後、空白期間の書き方

大学中退後、フリーターをしていたという方も多いと思いますし、病気や家族の介護があって就活が出来なかったという事で、(正社員として)仕事をしていない空白期間が空いてしまう方も多いと思います。

ニートの方もいるかもしれませんね。

こうした空白期間を履歴書にどう書くか、ですが次のように書かれると良いでしょう。

大学中退後、フリーターとして働いていた場合

フリーター歴が長い人の就職活動
大学中退後、フリーターとして生活費やお小遣いを稼ぎながら生活していた、という方は多いと思います。

履歴書に空白期間が長いと、長い期間「何もしていなかった」と思われる恐れがあります。

面接官への印象がやはり悪いですから、アルバイトを職歴として記入することをオススメします。

フリーターとしてのアルバイト歴は、職歴として見なされない事も多いのですが、全く何もしていなかったよりも、面接官の心証は良いでしょう。

アルバイトについても1年以上など同じ職場で働き、仕事から得た事、何らかの改善など活躍したことも書いても良いでしょう。

履歴書、職務経歴書はあなたを売り込むツールですから、アピール出来ると思ったことは書いて伝えると良いです。

ここであえて、面接で質問されるように興味を惹く内容を書く人もいます。
(面接に呼んでみたい、会ってみたい、と思わせるのも履歴書、職務経歴書の役割です)

大学中退者の就活は新卒(高卒も含め)と比べると不利になることが多いのですから、アルバイトをしていたこともしっかりアピールすべきです。

アルバイトでも店長代理、店長、シフト管理をしていた、クレーム対応が豊富、といった方はやはり面接官の興味を惹くものですし、経験も評価してもらえることが多いですよ。

フリーターだったから・・・と思わず、アピールのために書ける事がないかどうか、一度、アルバイト経験について棚卸しをされることをオススメします。

大学中退後、病気による空白期間がある場合

大学中退理由として、病気などのためという方もいるでしょう。
大学中退後に病気になる事もありますよね。

病気による空白期間がある場合には、現在は完治して業務に支障がないことを明記されると良いです。

「現在は完治し、仕事には問題ございません」

採用担当者はまず、求職者の方が仕事を行う上で支障がないか考えます。
全く支障が無いことを伝えましょう。

病気による空白期間、ということでどんな病気だったのか、など質問されることを想定して、ご自身がかかった病気についても一度情報をまとめておくと良いかもしれません。

病気からの回復後、さらに空白期間がある場合には、その期間に何をしていたかの説明も必要ですね。

大学中退後、成功率の高い就活をしたいのなら

大学中退後、就職を考えた時に「少しでも良い企業に就職したい」と思いますよね。

内定は出やすいでしょうけれど、ブラック企業にはやはり就職したくないです。

そのためには求人情報からブラック企業かどうかを見極める必要があるのですが、正直な所、求人に掲載されている情報だけでは情報が少ないためにブラック企業かどうかを見極めるのは難しいです。

求人には離職率とかは書いてありませんからね。

残業多い職場です!とかも見たことがありません・・・。
残業無し!をアピールする職場は多いですけれど。

大学中退後、空白期間を経て就職活動をする時に「成功率の高い就職活動」をしたい場合。

なおかつ、ブラック企業は避けて少しでも優良企業、隠れホワイト企業などへの就職を目指したい場合には、そうした企業からの求人情報が集まる就職サイトを利用すると効率が良いですよね。

大学中退者向け 正社員就職支援サービス

大学中退後、長くフリーターをしていた場合であっても20代後半、という方が多いのではないでしょうか。

29歳を区切りとして正社員就職を目指そうと思った、という方もいるかもしれませんね。

正社員になるための就職活動は、空白期間が無く、若い方が有利なのは間違いありませんが20代であれば、まだまだ未経験OKの正社員求人を見つけて就職するチャンスはたくさんあります。

大学中退者向け、正社員就職支援サービスも今は多数ありますから、そうした就職支援サービスを利用されると良いでしょう。

⇒ 大学中退者向け求人サイト

正社員就職の際、大学中退後の経歴が重要ですよね。

空白期間があったとしても、新卒で入社して超早期離職した人よりは採用担当者としては、印象が良い場合は多いかもしれません。

他の応募者と比較される、と言う事は常に頭に置いておきたいですね。

正社員就職支援サービスを利用した場合、専任の担当コンサルタントが就活をサポートしてくれます。

企業選びの仕方、面接マナーや「面接で大学中退者が確実に聞かれる質問」など面接対策、履歴書の添削などもしてくれます。

大学中退後、一人で就職活動をすると迷って進まない事もあると思いますが、就職支援サービスを利用した場合、そうした立ち止まる時間を避ける事が出来ます。

迷ったり、悩んだら担当者に相談してみてください。

今までにも多くのフリーターや大学中退者、既卒者、ニートの方の就職をサポートしてきた経験から、同じような悩みのサポートも経験しているかもしれません。

大学中退者の就職活動には、様々な方法がありますけれど、就職成功率の高さで選ぶのであれば、こうした正社員就職支援サービスがオススメです。

⇒ 大学中退者向け求人サイト

お住まいのエリア、近隣に拠点がある事が重要となります。

対応エリアなどからも選ぶ事がポイントですね。

ぜひ、活用されてみてはと思います。




キーワード