パソコンで求人情報、情報収集
20代 フリーターから正社員に就職! > 就職に役立つ資格 > 正社員を目指すために役立つ資格

正社員を目指すために役立つ資格


正社員就職 おすすめ資格

資格を取得すると、正社員就職に有利になる?

フリーターから正社員になるために資格を取得をお考えになっている方も多いと思います。

資格を取得することで自信も付きますし、実際に就職に有利になる資格もあります

ただし、資格取得は「就職を目指す仕事に役立つ資格」に限定して取得する事が大切です。

取得しやすい資格だから、と数を多く取得しても採用選考では評価されない資格となる事も多いためです。

そうなると、せっかく資格取得のために時間やお金をかけたのに意味が無い・・・といった事にもなりかねません。

フリーターやニートから正社員になるために、資格を取得することは有利になる事もあります。

フリーターが正社員就職を目指すために役立つ資格としては、どういった資格があるでしょうか。

フリーターから正社員になるために役立つ資格

皆さんがどういった職種を目指すかによって、正社員就職に役立つ資格は変わってきます。

ここではフリーターなど未経験から正社員になるために役立つ資格、代表的な資格をいくつかピックアップしてご紹介をしています。

MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)

事務職を目指す方(特に女性)も多い事から、パソコンスキルをアピールできる、MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)をまず最初にご紹介します。

MOSは、Microsoft Office製品の操作スキルを証明するものとして、唯一マイクロソフトが認定する資格です。

WordやExcelをはじめとしたOfficeソフトを使う機会は、事務職であれば非常に多いです。

特に中小企業でパソコンスキルが高い人材がいない企業にとっては、評価の高い資格となる事もあります。

規模の大きな企業への就職を目指す際には、他の応募者も取得している事も多いことからMOSを持っていないと勝負にならない事もあります。

事務職を目指すにあたっては、取得をオススメ出来る資格といえますね。

日商簿記検定

経理や事務職としての就職を目指すのであれば、取得をオススメしたいのが日商簿記検定です。

2級以上に合格すると、評価されやすいです。

3級でも評価対象としてくれる企業も多いですね。

TOEIC

高校生の頃、就職希望の学生が就職課の先生から勧められているのを見たことがある、という方も多いかもしれません。

就職・転職の際にTOEICスコアを評価する企業はとても多いですし、人事評価の基準として取り入れている企業も実際多いです。

TOEICスコア600点以上を目安にすると良い場合が多いようです。

実際に業務で英語を使う仕事を目指すのであれば、さらに高得点を目指したいところです。

基本情報技術者試験

IT・エンジニアとして就職を目指す際には非常にオススメです。

国家資格として、比較的、取得しやすいエンジニア系の資格です。
とはいっても例年、基本情報技術者試験の合格率は20%~30%ほど。

取得している事で、確実に評価が期待出来る資格と言えます。

アルゴリズムやプログラミングなど専門分野からの出題もあります。
学んでおく事で、就職してからの理解が早くなりますね。

ただし、業務で即活躍出来るほどの内容ではありませんから、就職が決まったらまた新たに勉強は必要です。

国家資格と民間資格、どちらが就職に有利?

資格は大きく分けて2つの種類があります。

・国家資格
・民間資格

です。

国家資格としては、

・医師
・看護師
・司法試験
・税理士
・行政書士
・美容師
・調理師
・栄養士

といったものがあります。
ジャンルで言うと、工業系の国家資格、車両/航空/船舶系の国家資格、IT資格/パソコン系の国家資格などが種類が多いですね。

民間資格は、様々あります。

代表的なものとしては、日商簿記検定、英検など誰もが知るような資格もあります。

いずれの資格においても、就職を目指す業界・職種でしっかりと評価される資格を取得している事が大切です。

関連した資格かな?と取得してみたものの、現場では役に立たない資格として評価がほぼされ無い資格も中にはあります。

もちろん、たくさん資格を持っていても関係無い資格は評価されません

逆に、国家資格で社労士試験を取得すれば、職歴なし・未経験であっても社会保険事務所などに20代後半でもいきなり就職が決まる、といったように評価の高い資格もあります。

希少性の高さ、難しさといった面では国家資格では評価が高い資格は多いと言えます。

ただし、フリーターから正社員就職を目指す際、そこまで時間とお金をかけられるかはしっかりと考える必要はあるでしょう。

資格取得は失敗する可能性もありますからね。

そうなると、さらにブランク期間(正社員として働いていない期間)が長くなってしまい、就職が不利になってしまいます。

資格を取得すると、正社員就職に有利になる?

目指す業界・職種によっては、適切な資格を取得することは就職に非常に役立ちます。

資格って、取得している事で「客観的に知識・スキルを持っていること」を証明することが出来ます。

簡単な例をあげると、面接で、

「パソコンが使えます!」

とアピールされても、どれくらい使えるか全く分かりませんね・・・。

Word、Excelを使いこなせて事務処理を大幅にスピードアップしてもらえると期待して採用したら、メールが送れるくらいだった・・・という笑えない話も実際あります。

MOSを取得していれば、確実にこのくらいのスキルを持っているといった事をアピールすることが出来ます。

企業側としても、採用を考える際に安心感につながりますね。
スキルの担保(保証)ということになります。

もし、目指す業界・職種があるのでしたら、業務に役立つ資格に関して情報収集してみる事もオススメです。

取得にかかる期間、費用なども調査。
合格率も重要ですね。

取得するメリットの方が大きいというようであれば、資格取得を目指しても良いかもしれませんね。

フリーター脱出には、就職サイト選びが重要

とはいっても、フリーターから正社員になるために、あまり時間をかけられない方もいらっしゃると思います。

27歳、28歳、29歳、といった20代後半の方が、今から資格取得のために半年など時間をかけてもし落ちたら・・・

その間に年を取るようであれば、さらに就職が難しくなってしまう可能性もありますからね。

資格取得を目指すのではなく、正社員になるための就職活動に集中した方が近道となるケースは多いです。

⇒ フリーター就職サイト おすすめランキング

でご紹介しているようなフリーター向け就職支援サイトを活用した場合、資格なし、職歴なし・未経験からでも正社員として採用を積極的に考えてくれる企業を紹介してもらう事が出来ます。

多くの方がこうした就職支援サイトを活用して、フリーター脱出に成功しています。

やりたい仕事が特になくて・・・といった方も、情報収集からということで利用される方も多いですよ。

これからの就職活動に、ぜひ活用されてみてはいかがでしょうか。




キーワード