今月の給料の計算
20代 フリーターから正社員に就職! > 給与・年収 > 20代 正社員の平均年収、フリーターとの給与差

20代 正社員の平均年収、フリーターとの給与差


20代 平均年収

20代 正社員の平均年収、フリーターとの給与差

フリーターから正社員就職を目指す大きな理由として、

安定した収入、フリーターよりも高い年収

といった事で、お金を就職するための理由として挙げる方はとても多いです。

フリーターは当然ですが、時給です。

何年働いても時給アップしない可能性もあります。
(最低賃金で働いている場合には、改正に合わせて時給アップしていきますね)

時給950円がいきなり来年、時給1,200円になる事はあり得ません・・・。
上がっても10円とかですよね。

将来のことを考えると、10円、20円と時給アップして喜んでいる場合ではありません。。

正社員として働く場合、多くの企業では勤続年数によって基本給が上がっていく給与体系になっている事が多いです。

手当もある企業が多いですから、その点でも正社員は給与面で手厚いです。
資格手当、役職手当、家賃補助、企業によって様々な手当があるでしょう。

賞与(ボーナス)もあります。

こうした収入、年収面を考えただけでもフリーターから正社員就職する必要はあるといえますよね。

こうしたお金の面について、この記事では考えてみたいと思います。

まずは「20代の平均年収」についてみていきましょう。

20代の平均年収

20代の平均年収を掲載しているソースは色々あるのですが、ここでは人材紹介会社で大手、DODAから平均年収を引用したいと思います。

2017年の年代別の平均年収。

20代は346万円

と掲載されています。

20歳~29歳までの年齢別の平均年収も掲載されています。

あなたの年齢で、正社員としてもし働いていたとしたら年収は幾らくらい稼げていたのかな?と参考にされてみてはと思います。

参考URL:平均年収ランキング2017(年齢別の平均年収)

こうした年収、給与面の情報を得ることで改めて就職するためのモチベーションを上げることも出来ますよね。

フリーターとして稼げる月収は限界があります

アルバイトを掛け持ちして頑張って働いても月収20万が上限ではないでしょうか。

20代で体力があるから可能な働き方でもありますよね。
30代、40代と、もしずっと月収20万をキープするためにその働き方を続けるのは厳しいですよね・・・。

それ以前にアルバイトが見つからなくなっていきますしね。

将来のことを考えた場合、ずっとフリーターでも自分は大丈夫、それで良い!という場合以外は、早めに正社員就職を目指した方が良いといえるのではないでしょうか。

フリーターの平均年収

フリーターの月末の財布
フリーターは時給で働きます。
休んだら、給料は発生しません。

ボーナスも無いですから、年収について時給で計算することが可能です。

例えばで、幾つかの時給で年収を計算してみたいと思います。

比較するために1日7時間、月に20日働くという計算にしています。

時給800円の年収

時給800円 × 7時間 × 20日 = 112,000円
112,000円 × 12ヶ月 = 1,344,000円(年収)

時給900円の年収

時給900円 × 7時間 × 20日 = 126,000円
126,000円 × 12ヶ月 = 1,512,000円(年収)

時給1,000円の年収

時給1,000円 × 7時間 × 20日 = 140,000円
140,000円 × 12ヶ月 = 1,680,000円(年収)

正社員の平均年収、フリーターの平均年収の差

2017年の年代別の平均年収ですが、20代は346万円ということでした。

フリーターの場合には、かなり好条件の時給1,000円でも、半分の年収にも満たないという計算となります。

年収については、就職した業界・職種による差も大きいですし、企業の経営状態なども関係してきますから年収200万円ちょっとの人も多いです。

しかし、それであってもフリーターよりは高年収出ある事は間違いない、といえるでしょう。

福利厚生ありますし、厚生年金に加入出来る事もフリーターとの大きな差となります。

年を取るごとにフリーターと正社員の年収差は開いていきます。

正社員就職を目指す一つのモチベーションの源として、こうした「お金の情報」にさらに調べてみてはいかがでしょうか。

⇒ フリーター就職サイト おすすめランキング




キーワード