面接
20代 フリーターから正社員に就職! > 面接対策 > フリーターから正社員 転職理由どうする?

フリーターから正社員 転職理由、志望動機


フリーターから正社員になる 転職理由や志望動機はどう伝えたら良い?

フリーターから正社員になる事を目指す際、面接を受ける事になりますがその面接で必ず聞かれるのが転職理由や志望動機です。

ここでアピールに成功しなければ、内定獲得は難しくなります。

緊張するのはあたり前、その上でしっかり転職理由や志望動機を丁寧に説明する事が大切です。

フリーターから正社員就職を目指す際、面接で企業側が知りたいのは、

・あなたの仕事への熱意

・採用したいと考えている人材とマッチしているか

・採用してすぐに辞めてしまわないかどうか

といった事などです。

フリーターから正社員になる事を目指している方の場合、職歴無し、社会人経験無し、といった方も多いと思います。

履歴書や職務経歴書からフリーターである事は分かった上で面接に呼んでもらっているのですから、しっかりと企業研究をして、志望動機を作成して面接に臨みたいですね。

フリーターが正社員求人へ応募する上で重要な転職理由や志望動機の作り方、避けたい言葉、話し方について抑えていきましょう。

フリーターから正社員就職。なぜ、準備が大切なのか

志望動機が作れない・・・
志望動機が作れない・・・

そうお困りのフリーターの方も多いと思います。

面接では必ず質問される事の一つに「志望動機」がありますが、毎回作成に悩む方も多いでしょう。

本当にその仕事がやりたい!この会社に入社して仕事がしたい!

という事であれば、その気持ちを志望動機として伝えやすいですが、フリーターから正社員就職を目指す場合、そうした事ばかりでは無いですよね。

たまたま見つかった求人

「未経験OKで求人を探していたら見つかったから」

「詳しく調べてみて、仕事内容に少し興味を持てたから」

といった場合が多いと思います。

知らない企業の未経験OKの求人ばかり、ではないでしょうか。

正直、そんなに興味の無い会社の求人へ応募するので志望動機の作成が大変なんですよね。

特にフリーターから正社員求人へ応募をする場合、基本的には未経験です。

フリーター、未経験からどうして求人へ応募したのか、入社して何をしたいのか、これからの人生どうしたいのか。

志望動機を給料や残業の少なさ、休日の多さ、福利厚生の手厚さなど、そうした事を中心にしてはいけません。

反対の立場になって考えてみると分かりますが、求人へ応募してきたフリーターを面接してみたらお金や待遇の話ばかりだったら、かなり印象が悪いです。

うちの会社が行っている事業について話が出ない。全然勉強してきていない様子だから不採用にしよう・・・

となってしまうでしょう。

正社員になるために重要な面接。

そこで必ず聞かれる志望動機ですが、企業へ「やる気」を伝えるために大切なのは、事業内容を理解した上で話す志望動機です。

そのために企業研究はじめ、しっかりと準備をして面接に臨む事が大切です。

自分は面接が割と得意だから・・・と謎な理由でしっかりと面接準備に時間を取らない方もいるのではないでしょうか。

また、自分なりに面接準備をしているつもりでも、実は情報不足な場合もあります。

志望動機を作成するために、企業情報を集める方法

フリーターから正社員を目指しての就職活動、求人へ応募する場合、当然ですがしっかりと応募先の企業について調べる事が重要です。

フリーターから就職して、その企業で何がしたいか。

「それって同業他社では出来ないの?」

「なんでうちの会社に入社して、それをやりたいの?」

色々な質問が面接官から飛んでくると思います。

そうした質問に対してもしっかり答えつつ、改めて志望動機を伝える事も重要となります。

フリーターが志望動機を作成する上で、企業のことを詳しく知ることは最低限、重要な事といえます。

志望動機を作るにしても、求人先の企業について知らなければ面接官に刺さる志望動機は作れません。

しっかり情報収集してから志望動機を作成しないと、最悪の場合、

「きっと他の企業でも使い回している志望動機なんだろうな」

と思われたりしてしまいます。

今は企業のホームページを見る事で、事業内容の詳細を把握する事が出来ます。
その上で一手間かけられると良いですね。

そこから募集されている職種の仕事内容を詳しく調べたり、新聞記事でも情報を収集出来る場合があります。

新聞社の記事アーカイブなど、利用出来る情報源もあるでしょう。

また消費者向け商品を扱っている企業などの場合、店舗に行ってみたり、サービスを体験してみたりといった事も出来る場合が多いです。

実際に足を運ぶ事で、より具体的に志望動機を考える上で役立つはずです。

出来れば競合他社の情報も調べて、比較できると良いですね。

とはいえ調べだすとキリがありません。
時間にも限りがありますからね。

志望動機を作成する場合、希望職種に関連した情報に重点を置いて調べる事も大切です。

その上で、志望動機を作る際にはオリジナルな部分、面接官にアピール出来る部分を盛り込む事が重要となってきます。

志望動機の構成、作り方

志望動機を作る際、ポイントがあります。

・フリーターをしていた理由

・正社員を目指そうと思った理由

・この企業に応募した理由

これら全てを合わせて、志望動機を作る事がフリーターの方にとっては重要です。
また、面接を通して気をつけたいのが、

話の整合性

です。

面接官は色々な角度から質問を投げてきます。

自分を良く見せようと思って、つい話を盛ってしまうと・・・段々と整合性がとれなくなってきてしまいます。

素直に事実に基づいて話をするのが、一番安全と言えます。

フリーターから正社員になりたい理由も重要

履歴書の作成
フリーターの方が面接を受ける際、必ず聞かれる質問の一つに、

「なぜフリーターになったのか」

また、フリーター歴が長い場合には、

「なぜ、4年間もフリーターをしていたんですか?」

といったように今まで就職しなかった理由も聞かれると思って良いでしょう。

その理由は素直に答えて良いと思います。
ただし、ネガティブな言葉は使わないように気をつけたいですね。

大切のは、どうしてこのタイミングで正社員したいと考えたか。
なぜ、この企業で働きたいと考えたか。
これから、仕事を通じてどんな人になりたいか、といった内容です。

なぜ、フリーターを辞めて正社員に就職しようと考えたのか

これをしっかりと伝える事が重要となります。

それでも志望動機を上手く作れない、面接で落ちてしまう・・・

それでも志望動機を上手く作れない・・・という方も多いと思います。

自力での就職活動、面接で落ち続けている、というフリーターの方も多いと思います。

もう自分ではどこをどう直せば良いか分からなくて心が折れそう・・・もう就職無理かも?

と思う前に、就職支援のプロに相談してみてください。

⇒ DYM就職

⇒ ジェイック(JAIC)

⇒ 就職Shop

こうした就職支援サービスを利用することで、書類作成アドバイス、面接対策もしっかりサポートしてもらえます。

自分では気づかなかったポイントも、しっかり指摘してもらう事が出来て内定率を上げることが出来ます。

未経験OKの正社員求人も紹介してもらえますから、就職活動がかなり効率良く行える事もメリットです。

無料で利用出来ますし、就職相談する相手が出来るのも実はオススメなポイントです。

志望動機の作成についてもプロからアドバイスがもらえるのは、とても心強いといえます。




キーワード