正社員就職
20代 フリーターから正社員に就職! > 20代フリーター就職 > 20代フリーターが働くには(正社員として仕事に就いて)

20代フリーター 働くには


20代フリーター、正社員として働くには

20代フリーターが正社員として就職、仕事に就きしっかりとその後も働いて経験を積む事が出来る企業を探す方法をご紹介しています。

「なぜフリーターをしているんですか?」

と質問をされた場合、

「良い就職先が見つからなくて・・・」

「就職先が決まらないので、仕方無くフリーターをしています」

といった方は多いのではと思います。

実際、夢があってフリーターを続けている、といった方は少数ではないでしょうか。

「働きやすい会社が見つかったら、就職しますか?」

とさらに質問をされた場合、就職する、と答える方は多いでしょう。

27歳、28歳、29歳のフリーターと年齢が上がれば上がるほど、定職に就くと答えるはずです。

フリーターを抜け出したいけれど、良い就職先が見つからない、内定が出ない。
就職活動、頑張っているけれどいつも書類選考で落ちる・・・

そうした悩みをお持ちのフリーターの方も多いのでは、と思います。

もし、今まで一人で就職活動をされてきたのであれば、就職活動のやり方を少し変えるだけで内定獲得まで短期間でいける可能性があります。

正社員就職を考えるならば、20代はとてもチャンスが多い年代です。

今もし20代後半、30歳を前に就職に少し焦りを感じている、というフリーターの方はぜひこれからご紹介する就職活動のやり方を試してみていただきたいと思います。

もし既に試したことがあるのであれば、ご紹介する違う就職サイトを利用する事もお考えになってみてください。

得られるサポート、求人などは就職サイトによって異なりますからね。

あなたにあった就職活動のやり方がきっとあるのでは、と思います。

記事の後半で、フリーター脱出に役立つ就職サイトについてご紹介しています。

20代でフリーター脱出、正社員就職した方が良い大きな理由

就活のポイント
20代でフリーターを脱出、正社員就職した方が良い理由は色々あります。

30歳を越えると、未経験からの就職が難しくなる

20代の間に正社員就職した方が良い理由、ですが、単純に未経験からの就職が難しくなるためです。

フリーターの人の場合、職歴無し、社会人経験無し、といった人が多いのではと思いますが、未経験歓迎の求人は基本的には20代までを対象としている事が多いのですね。

「学歴不問、27歳まで」

「未経験歓迎!29歳までの方」

といったように、20代であれば29歳も含めてまだ未経験OKの正社員求人が見つかりやすいです。

実際に求人サイトを利用して、今まで自分の年齢を26歳などで入れていたところを31歳などにして検索すると分かるのですが、見つかる求人数が減ってしまいます。

フリーターから正社員として就職したい、とはいってもやはり応募する会社、業界・職種などは選びたいですよね!

しかし、30歳を超えて就職活動をする場合、求人数がさらに減りますから選んでいる余裕が無い、という状況になりやすくなってしまいます。

正社員になる事を考えるならば、20代の間に就職先を探す方が断然有利と言えます。

30歳を超えたフリーターは、世間からの視線が厳しくなる(同情的になる)

30歳は多くの人にとって区切りの年齢といえます。
20代と30代では、やはり与える印象が違います。

「もう30歳なんだからそろそろ定職に就いたら?」

「30歳にもなって一度も正社員になったこと無いの?これから大丈夫?」

もう30歳なんだから、そろそろいい歳なんだから、これから大丈夫?といった言葉を掛けられることが増えたな・・・と感じる事も多いのではないでしょうか。

ストレートにこれから大丈夫なの?と聞いてくる人もいますし、逆に声を掛けにくいなと距離を取るようになる人もいるでしょう。

特に親元で同居している男性フリーターの方は、家に居にくくなると思う瞬間も増えるかもしれません。

(まだ仕事に就かないのか?といった話からケンカになるケースは多いようです)

30歳は区切りの年齢として、世間からの視線が厳しくなる事は覚悟しておく必要はあるかなと思います。

30代になると、アルバイトが体力的にキツい

フリーターとして高収入を得たい場合の働き方は、やはりダブルワークです。

フリーターでも月収20万円といった人もいるのですが、大抵はアルバイトを掛け持ちしていたりします。

また時給を考えて深夜帯にアルバイトしている方も多いと思います。

20代でもそうした働き方は楽では無いと思いますが、30代になると体力が落ちてくるのかかなりキツイと感じる事が増えます。

昼に本業があり、昼はコンビニのバイトを掛け持ち。
睡眠時間が足りません。

いつまでも4時間睡眠とかでは倒れますよ。

寝だめって出来ないらしいですからね。
普段からの睡眠時間がやはり大切なんです。

30代になると、体力的厳しくなってきます。

40代、50代になってもアルバイト、収入を得るために掛け持ちダブルワーク。

そうした将来をイメージしたら、やっぱり早い時期に正社員就職した方が良いという結論になる方は多いのではないでしょうか。

フリーターは何歳までが限界?

「でもやっぱり、まだもう少しはフリーターで良いかな」

と言う事で正社員就職を先にしたいという方もいると思います。

じゃあフリーターは何歳まで限界?となると、

「アルバイトが見つかる限りフリーターでいれます」

となります。

しかし。

正社員になるのを考えた場合、フリーターは何歳までが限界?

という質問になればやはり現実的に求人が減ってしまう年齢に合わせて、限界を考えた方が良いでしょう。

求人数が激減する年齢の壁は、30歳です。

実際に求人サイトで求人を調べると、27歳、29歳を区切りとして、見つかる未経験者歓迎の正社員求人が減ります。

住んでいる地域によっては、30歳を超えると求人がゼロ、といった状況もあり得ます。

フリーターから正社員への就職を目指す場合、フリーターの方の多くは特別なスキル、資格、経験が無いと思います。

学歴不問、社会人経験無し歓迎の求人を狙うのであれば、29歳がラストチャンス、といっても良いかもしれません。
(30歳を超えても未経験者歓迎の求人はありますが、仕事内容がかなり限定されます)

年長フリーター(主に30歳以上のフリーター。35歳~39歳を指す場合も)になる前に、正社員就職を決められるのであれば、決めた方が良いといえます。

フリーターが働くために便利な就職サイト

就職アドバイザーフリーターを脱出、正社員就職を目指す際。

就職活動のやり方としては色々とありますが、就職成功率を考えると20代フリーターや既卒、ニートの方を専門として就職サポートを行っている就職支援サイトの活用がオススメです。

「就職活動のやり方が分からない」

「実は1社目の会社を早期退職してしまって・・・次の就職に自信が無い」

といった方も大丈夫です。

就職活動の進め方についても相談しながら、準備を進めていくことが出来ます。

⇒ フリーター就職サイト おすすめランキング

で詳しくご紹介していますが、それぞれ対応エリアがあります。

DYM就職就職shopなどは対応エリアも広く、業界・職種が多いので特にオススメの就職支援サイトとしてご紹介しています。

東京、大阪は多くの就職支援サイトが本社、支社を置いているため選びやすいですね。

地方都市にお住まいになっている方は、相談出来る地域を選んで利用してみてくださいね。




キーワード