20代 仕事探し
20代 フリーターから正社員に就職! > 20代フリーター就職 > 20代 フリーター 就職活動 成功のポイント

20代 フリーター 就職活動


フリーターから正社員になるなら、絶対!20代がオススメです

20代フリーターが正社員として仕事に就くための就職活動、成功のポイントについて掲載しています。

後半に、30歳を超えて正社員就職した友人の話も掲載しています。

少しでも今、正社員になる事を考えている20代、30代フリーターの方の参考なりましたら幸いです。

正社員になる事を考えた場合、絶対に20代の間に正社員就職される事がオススメです。

20代 フリーター 就職活動 成功のポイント

就活成功のポイント
20代の間にフリーターを脱出、正社員になるための就職活動を成功させるポイントです。

こうした事を意識する事で、就職活動が成功しやすくなります。
フリーターから中途採用に成功している人の共通点ともえいますね。

20代という年齢、若さを意識する

若い社員を採用したい、と考える企業は多いです。

若いの定義も経営者によって幅広いのですが、基本的には「20代」を若いという人が多いようです。

30代は若くない。
(業界・職種によっては30代も若いそうです)

未経験OKの正社員求人を調べていると、

「経験不問」「未経験OK」

といった求人のほとんどは年齢制限が27歳、29歳であったりします。

特に20代前半のフリーターであれば、本当に色々な業界・職種で未経験OKの正社員求人を見つける事が出来ます。

単純に、若い間の就職活動は有利なんですね。

自分の年齢を意識して、20代は若手と思ってもらえる貴重な時期として、就職活動に取り組む事が大切といえますね。

正社員になりやすい仕事を狙う

フリーターから正社員として仕事に就くには、あまり仕事を限定していては難しいです。

いくらやりたい仕事だから、と未経験採用があまり無い仕事を狙っていても、書類選考で落ちる事が続いてしまいます。

それ以前に応募出来る仕事がない日々が続くかもしれません。

先ほどもありましたが、20代は若さ自体が評価される、貴重な時期です。

正社員になりやすい仕事を狙う、と言う事も優先した方が良いでしょう。

やりたい事が見つかるまでフリータでいるのは危険

フリーターになる理由として「やりたい事がなかった」という人がいます。

そうしたフリーターの人が、就職活動をしない理由が引き続き「やりたい仕事がないから」である場合は多いです。

今までやりたい事が見つからなかったのですから、これからも急にやりたい事が見つかる可能性は低いです。

20代が終わってしまうかも知れません。

それにもし、やりたい仕事が見つかった時に挑戦しやすいのは正社員です。

異業種転職に挑戦するにしても、それまでの社会人経験は評価される事が多いです。

フリーターとしてのアルバイト経験は、職歴になりませんし評価される事はほとんど無いです。

フリーターよりも正社員として経験を積んでいることの方が、有利な事は多いです。

正社員就職する事を優先する

正社員就職する事を優先する。

こうして書いてしまうと、「手当たり次第に求人へ応募、どこの会社でも良いから就職すれば良いの?」という事を思う人が必ずいると思うのですが、そういう訳ではありません。

しっかりと、自分の適性、向いている仕事、興味のある仕事を考えた上で、長く働ける会社を見つけて正社員就職する事が大切です。

就職しても2ヶ月で退職、短期間で退職してしまうのは避けたいですからね。

20代は正社員就職しやすい年代。
未経験OKの正社員求人も見つかりやすいです。

年齢的な有利さを活かさないのは非常にもったいないですから。

今は転職回数が2回、3回は普通の時代です。

正社員として働いている間に、本当にやりたい仕事が見つかるかもしれません。
その時、挑戦しやすいのは正社員であったりします。

異業種転職の際、未経験であっても今までの仕事の実績は評価してもらえる事は多いですよ。

正社員になる、と言う事を決めたのであれば、正社員就職する事を優先していきましょう。

正社員になるなら20代!と思った瞬間

30代になると応募可能な未経験OKの正社員求人が減る

正社員になるなら20代が絶対良い、と思った瞬間はたくさんあります。

まず30歳を迎えたら、当然ですが求人サイトで調べる際に「30歳以上」にチェックを入れますが、見つかる求人が全然少なくなってしまいます・・・

なんか、こんなに未経験フリーターの30歳って必要とされていないのか・・・?

と思うようになってしまいます。

ついこの前までいつも見ていた会社の正社員求人も見られません。
他が落ちたら応募しようかなと思っていたのに・・・という企業も見つかりません。

年齢制限を超えていても、あえて応募した人の話を聞いた事がありますが、結局書類選考で落ちたそうです。

30歳を越えると、応募出来る未経験OKの正社員求人が減る

これが正社員就職するなら20代の間が良かったんだな、と思った瞬間の一つです。

30代フリーターの世間体

30歳フリーター
他にはやはり30歳を超えて正社員として働いていないと、心配されることが増えるというか、世間体は良くないなと思います。

親はもちろんのこと、友達からも心配されることが増えました。。

・30歳になったよね?まだ働かないの?
・これから大丈夫?
・生活出来てるの?
・もう30代なんだから、落ち着かないと

ニュアンスは異なれど、こうした耳の痛い言葉を聞くことが本当に増えます。

親はかえって気を遣って言わなくなってくる時期もありましたが、友達から言われるとなんか気持ちが落ち込みますね。

段々と友達の飲み会に出るのも足が重く・・・やっぱり、正社員としてバリバリ働いている人との話と合わなくもなってきますしね。

いつまでも大学正の頃の話ばかりではありません。

部下を持つ友達も段々と増え、仕事の教え方、チームでの成果の上げ方とか、社長の愚痴とか、僕には全くよく分からない話で盛り上がるようになってきます。

結局、参加してもぽつんと一人のことが増えたので、飲み会には参加しないようになりました。

社会人経験の差が圧倒的についてしまう

大卒新卒で入社した人は、30歳になる時にはもう7、8年の社会人経験を積んでいます。

フリーターで30歳になった僕は、まだ社会人経験がありません。

もう、書くまでもなくこの社会人経験の差は圧倒的に大きいです。

友達にもちらほらと役職付が現れます。
昇給もしますよね。

友達同士の飲み会だと、やはり出るのが年収の話。

フリーターの年収は高くないですし、ずっと一緒ですからね。
そうした話はもう誰も振ってこないのですが、聞き耳を立てていると、僕の年収の4倍、5倍といった年収をもらっている人も出てきます・・・

こうしたお金の話が一番こたえたかもしれません。

正社員就職を目指さないと、ダメだ。
このままだとずっと年収140万くらいか。
40歳になってもフリーターは絶対に嫌だ。

そう思って、就職活動をする事に必死になりました。

結局、僕の場合には父親のコネで、実績次第で正社員登用ありの契約社員から始める事になりました。

もちろん、必死に頑張って1年後、正社員として採用してもらうことに成功。
父親の顔も立てられてホッとしています。

フリーターからの正社員就職は、20代が有利という現実

以上、30歳を超えて正社員就職をした知り合いの話を元に、正社員就職するなら20代だと思った瞬間、というのを幾つかまとめてみました。

友達、本当に一時期、飲み会に全く参加しなくなっていたんですね。

フリーターで割と暇だろうし、仕事も決まらない様子なので気晴らしになるかな?と声を掛けていたのですが、ずっと断られていて・・・

こうして話を聞くと、色々あって参加しにくかったんだと分かりました。

大学新卒で入社した人と、30歳を超えてフリーターから正社員就職した人とでは、大きな差が付きます。

特に年収面では大きな差がつきますね。

フリーターは何年経っても同じ年収です。
ほとんど変わりません。
時給も上がって数十円ですから、年収には影響がほぼありません。

正社員として仕事に就いていると、基本給は1年毎に少しずつでも上がっていく会社がほとんどでしょう。

ボーナス支給もあります。

社会保険や厚生年金もありますね。

若い頃はあまり意識したことがないのですが、こうした老後に向けては正社員の方が手厚いですし、安心感があります。

フリーターが加入するとすれば、国民年金です。

でも、国民年金は年金支給額が少ないんですよね。

このあたり、国民年金と厚生年金の違い、差については改めて情報をまとめようと思いますが、生活出来ない気がします。
国民年金の年金支給額では・・・。

そうした事も考えると、1歳でも若い間に正社員就職した方が結局は良いのでは、という事を思いますね。

まだフリーターの友達がいます。

あまりお節介にならない程度に、今度は声をかけていきたいなと思った次第でした。

⇒ 高卒フリーター・ニート専門 就職支援サイト




キーワード